総量規制対象外の金融機関の見分け方

総量規制対象外の金融機関の見分け方

キャッシングでお金を借りるのは初めてのときは、誰でも総量規制対象外な見分け方が分からないと思います。
総量規制対象外は、年収の3分の1を超える融資が認められるローンのことで、自動車を購入するときなどに利用されています。
しかし、総量規制対象外の金融機関の見分け方が分からなければ、どれが自分に合ったローンかを選べません。
総量規制の基本について確認し、少しでも自分に合ったローンを選ぶようにしましょう。

 

カードローンの総量規制とは?

 

カードローンの総量規制というのは、2010年6月18日に施行された「改正貸金業法」という法律にある、キャッシングのルールの1つのことです。
これまで貸金業者による「お金の貸し過ぎ」が社会問題となっていましたので、法律の改正にともない、融資の上限額を法律で決めてしまいました。
このことにより、貸金業者からの融資が年収の3分の1を超えられなくなりましたので、結果として、「年収の3分の1までしか借りれない」という状況になったわけです。

 

総量規制の影響がある金融機関とは?

 

改正貸金業法という法律は、貸金業者を取り締まるためのものです。
貸金業者は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などのことをいいますので、プロミスやアコム、アイフルなどが「総量規制対象」のカードローンということになります。
また、銀行は貸金業者に含まれていませんので、必然的に「総量規制対象外」のカードローンになります。
総量規制対象外を選びたいときは、銀行カードローンを選べば良いことだと分かります。

 

専業主婦にも人気の総量規制対象外カードローン!

 

専業主婦にも人気のキャッシングでは、みずほ銀行カードローンがおすすめです。
みずほ銀行では、専業主婦へも30万円までの融資をするだけでなく、アルバイトやパート勤務の方の利用も多くなります。
最高1000万円までの限度額が設定されますので、自動車の購入などの目的にも適しています。

親にバレたくない学生のキャッシング方法!

oya


学生だからこそお金のやり繰りが大変な時がありますよね!そんな時でも親バレせずにキャッシングできる方法があります!親バレしない借入方法を3つのポイントで簡単にご紹介します!

バレずに借りたい!arrow親バレしないキャッシング方法!